オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬とも離れ、終活に悩む男の日々

終活に向けて学習中

 とてもオカシナ話だけど、実は9月いっぱいまで自由の利かない仕事は一切しないと決めている。その理由は・・・五輪。古巣でブラジル勤務までしたとか、五輪で働きたいとかって気分は1mmも無い。なんせ僕はコロナ禍で多くの機能が普通じゃない中での強硬開催には反対派。では、なぜか・・・。

 まさかとは思うが、悪名高い組織委に強制出向させられている親友からのヘルプ要請に備えている。彼は僕が無◯となり、転職もせずの日々を送っていることを知っている。所属は異なったが、お互いが会社代表となり、数々の困難な国家要請に答えてきた仲だ。その彼が、鬱っぽくなりつつも五輪強硬のど真ん中に身を置き、息も絶え絶えな日々を送っている。

 いざとなったら、助けを求められたら甘んじて応えに動く。ずっと前からそう決めていた。だからこその無◯と言っても過言ではない。
 そんなわけで、ヘルプ要請に備え・・・9月いっぱいまでは完全な無◯君を貫くのだ(笑)。

 

未だジッとしてきた勝手事情

 親友が五輪組織委で酷い目に遭っているのを認識したのは昨年末。それまでは、似たようなポジションで勤めてきた自分にとっても少し羨ましいほど見事に影の重要ポストをこなしていた。詳しく書けないが、僕が行ったことのない国へ数週間にわたって出張もしていた。

f:id:im_kurosuke:20210619104332j:plain

古巣での財産は全世界に本当の親友ができたことだけ


 しかし、五輪開催延期で彼の業務も一変。状況を聞いて、僕が「そりゃ清算事業団みたいなもんだね」と言ったくらいだ。いつの間にかズラりと弁護士や司法書士を揃え、大量の契約変更業務に追われていたのだから。僕はもちろんだが、彼にとっても専門領域からは程遠い仕事だっただろう。

 昨年末。緊急事態宣言下で居酒屋行くなと言われている頃だったが、ある街で先輩らも交えて飲んだ。五輪も終えて会社も卒業して、、、そしたら一緒に事業をやろうなんて話で盛り上がったが、消えかかっている彼の笑顔に気づいた。この時だ。万が一は身を投げてでも助けなければ。
 男性に対して、こんな風に思えたことは記憶の限り、無い。そりゃ愛犬や我が息子が大変な目に遭っていれば、何も考えず手足を差し出すだろうが・・・家族でなく、元はライバル会社の男に思えるというのだから、きっと僕は彼のことも家族と同様に愛しているのだろう。
 身内が読まない日記だから書けるが、とても恐ろしくて口には出せないな(笑)。

 まぁ、もう五輪強硬開催まで約一ヶ月。さすがに応援要請は無いものと思えるから、何も家でジッと待ってなくても良いだろうが。

最終チャレンジに向けた取り組み開始

 今週から始めたZoom定期ミーティング。9月以降、いったいいつになるかは分からないが、最期の経済活動開始に備えた学習が主たる目的。親友らと共に事業を起こすのか、どこかで雇われの身になるか何も定まっていないが・・さすがにこのまま刃を錆びつかせるだけの日々はマズイと考えてのこと。性根は真面目だから、、成果のほどは不明だが、日々話し合っていれば何かメリットも出てくることだろう。

 そのうちの一つは事業アドバイザー。無報酬だからと言って手は抜かない。一年数ヶ月ぶりの情報収集や施策創造は、お湯が沸騰するかのような脳の活性を感じられて楽しい。ほんの数えるほどしか対処してないが、今のところ評価は上々。いつかその感謝が金銭や所属ポストの形で返してもらえればありがたい(笑)

 そうそう。デジタルガジェットの使い方を学ぶ機会にもなっている。経済界現役の皆さんが、どんな機器やソフトを用いているのか。毎日apple製品群と向き合っているだけでは分からないことを知る機会も多い。Zoomなんかもその一つだ。御隠居のような暮らしをしていれば気づけない知り得ない情報が得られることもメリットと考えて良いだろう。

 手短かな目標としては「下町脱出」「東京脱出」かな。家族や友人らと会いやすいってだけの理由で首都圏に留まったわけだけど、コロナ禍という経験を経て、その思いは消え去った。逆にお互い距離があり、簡単には会えない間柄の方が、会えた時の喜びも大きい。そう思えるようになっている。

もう一つ、始めたのは・・HOBBY(笑)

 取り組みとしては、もう一つ。最近、料理に目覚めた。これも無◯であり、コロナ禍に生きているという状況が影響。「下町脱出」「東京脱出」という目標が叶えば、日々外食なんぞは夢のまた夢になるはず。自炊力強化は必然だ。これまでは切って焼いて、だけの料理しか出来なかったが、最近の読み物の一つはクッキングレシピ。数日前の日記にも書いたけど、数百円で美味しい料理が作れると知ったら、病みつきになった。無◯無◯◯ならではの歓びか?(苦笑)

f:id:im_kurosuke:20210619093312j:plain

帰宅するたびに増えていく調理用食器w


 元嫁さん任せだった頃は考えたことすら無かったが・・・最近は料理が楽しい。お金が無くて炊飯器の代わりにガス台用の米炊き鍋しか買えず、それを長らく使っているが・・・米炊く以外に料理にも使えると知った時は後光が差した気がした(笑)。

f:id:im_kurosuke:20210619093343j:plain

炊飯器が買えないあなたへ、万能鍋w


 そして今朝はフードプロセッサなるものを注文。少々手間のかかる料理を作る際、キッチンが狭いこともあって、数々の食材下準備をするのに相当の時間を要する。これらのスピードを上げたいと思ったのが購入のキッカケ。そして、知れば知るほど便利な調理器具ということまで知る。また背中ごしに後光が差した(爆)。

f:id:im_kurosuke:20210619101752j:plain

今朝作った簡単ポテトも、手前味噌ながら美味いw

 

簡単に時間は過ぎてしまうから

 元嫁さんから三行半を下されて2年。会社を辞めて1年半。何一つやる気を失ってから、アッと言う間に時間が過ぎた。
 ただただ日々の時間を無駄に流してきただけだが、何とモッタイナイことをしていたのかと思うようになった。遅い?1年半もの自由時間があったら何ができただろう。海外での留学や就業体験なんぞはコロナ禍で叶わないだろうが、、やる気さえあれば資格の1つや2つでも取れたのではないか。

 結局、少なくとも1年半を無駄に過ごしてきたわけだが、何かを始めるのに1秒でも遅いということは無い。何であっても、始めればそこから価値が生まれるハズだ。そもそも、50代男性として、持てる時間にも限りが見える。お迎えという出来事を待つだけなら良いかもしれないが、僕はもうひと暴れして楽しみたい。

 Zoomを使ったビジネスミーティングと料理。とりあえず真剣に取り組み、明日に欲を持ちながら貴重な日々を過ごしていこうって考えている。

 

 

 ※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。