オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬とも離れ、終活に悩む男の日々

ますます遠のく飲食店

 うっかり、日々のルーティンであった日記=ブログ更新をサボってしまった。まぁ、ただただ「生きてますよ!」的にダラダラと日常を書き綴っているだけですが、それでも時折訪れてくれる方々がいらっしゃる。更新サボりのお詫びを申し上げますm(_ _)m。



 昨日は、午前中にZoomミーティング。昼頃に増台した扇風機がamazonから届き、組み立て・セッティング。その後はいくつか初挑戦の料理を作り始め、夕方から同じ地元に住む古巣後輩と二人宴会。16時から始めたそれは、いつものごとく話すが尽きず、彼が家路に向かう0時近くまで続いた。

 話題は、古巣のたわいもない話から来月のオートキャンプまで多岐にわたり、まぁ久しぶりに長い時間を日本語で話すという貴重な時間となった。最近、声に出して話すなんて下手な英語中心だから、我が脳もリラックスできたのではないだろか。

 

簡単な初挑戦調理

 昨日、昼過ぎから調理した数種のつまみ。「夏のご飯」ってタイトルからググッたレシピサイトに掲載されているメニュー。
 今より5kg減としやがれ!と厳しく主治医に指示されている手前、カロリー多いメニューはご法度。ただでさえ仲間との宴はビールが進んでしまうので、特に料理には気を遣う。野菜中心にて、時折肉や魚の味わいが楽しめる程度のメニューを選択。結果として、ササミや胸肉と行った鳥料理ばかりになった。

 一つ目は先日作って美味しかった「大葉入りさわやかポテトサラダ」。特別な料理とは言い難いので、何度か作ってレシピや手順を記憶化してしまいたい。やはり二回目の挑戦だけあって、我ながら要領は良いし、辛子なども加えて一層自分好みの味付けに出来たと思っている。

f:id:im_kurosuke:20210617131641p:plain

二回目は一層美味しくできたポテトサラダ



 二つ目はNadiaというレシピサイトに掲載されている「止まらない!夏の甘辛チキン」。自慢のカレーを作った際、少しあまった鳥胸肉の活用ってことでやってみた。このために、わざわざ小麦粉を買いに行った。今のところ、このメニュー以外に使う予定が無いのが微妙(苦笑)。こちらも作り方は至ってシンプル。シャキシャキレタスを和えて食べてみたが、タイトル通り中々旨い。紹介文通り、ビールが進んだ。

f:id:im_kurosuke:20210617131744p:plain

簡単、簡単、ホントに美味しい



 三品目は王道クックパッドで見つけた「コク旨!パクチーとツナのチーズサラダ」。ポテトサラダに続いてだが、パクチーを美味しく食べたいという趣旨で選んだもの。シンプルサラダにしか使わずで持て余していたツナ缶をどうにかしたいという思いも影響。選んで正解。ポテトサラダと一緒に食べても、まるっきり味の方向が違うから、とっても美味しかった。

f:id:im_kurosuke:20210617131839p:plain

パクチー料理のスターターとしては最適だった



 実は料理できたのは、お得意カレーに上記三品を加えただけ。やってきた後輩が揚げ物好きなので(苦笑)それらはお惣菜コーナーで買ったのみで完結。さすがに大量の油を使って揚げる調理は、その必要量を考えると自炊したくない。簡単にツケ野菜と盛り合わせるだけだったが、それらを含めて「もう食べれません」と言わせてしまったので、四品目のチャレンジは見送りとなった(笑)。

 なお、上記テキストリンクを貼ったのは、ググッた先を忘れたくないためでもあります(苦笑)。

さらに居酒屋が遠のいた

 上記に3品を羅列してみたが・・・どれも原価で言えば数百円。と言っても限りなく2〜3百円のレベル。出来立て、かつ一人なら一食にすら値する品ばかり。それらを、ほんの僅か皿に盛り付けて千円前後の値段を取るのだから、やっぱり飲食店ってのはボロ儲けとも言えるな。
 もちろん、家賃や光熱費、従業員を含めた給与、無駄になる食材リスクなどがあるから、一概には言えないが・・・いくらその空間に魅力があると言っても、簡単に調理できてしまうことが分かると・・・どんどん足が遠のいていく。
 緊急事態宣言なり蔓延防止法なりのおかげで、少なくとも僕は気づいてしまった。これまでキッチンに立つことのなかった同じような人々も気づいてしまったのではないだろうか。コロナ禍が落ち着いても、今までのように客は戻らないだろうなと思えてならない。ギリギリの経営を続けられていた飲食店があるならば、その方々はさぞ大変だろう。

 実は昨夜、我が家で多少飲み食いした後、居酒屋に場所を移す予定でいた。しかし、、、まぁ腹を満たす料理は十分だったし、わざわざ感染リスクのある店に行ってまで続けるといった価値を後輩も感じない。自然と我が家での宴で十分と判断できてしまった。
 まぁたまたま自分が独り暮らしで場所として気兼ねないというのが大きい。お互いに家族が居てとなると話は違ってくる。この場合に限ってだけど、お独り様暮らしが功を奏した(苦笑)。

 



 さて、次に見ず知らずの居酒屋で飲み食いする頃はいつだろうか?そしてまた、その際の仲間は誰だろうか?会社を去り、仕事関係者ともほぼ顔を合わせなくなった自分には想像が出来なくなっている。
 もしかしたら、年末の海外で旅好き仲間と集うのが最初になるかもなぁ。そんな風に思いながら、昨夜の後片付けをしてたりする。

 

 ※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。