オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬とも離れ、終活に悩む男の日々

弁当1つでウダウダグダグダ

 一晩、マイカー君へのCarPlay導入計画を強制的に忘れ、いつものダラダラ日記ブログを書き始めました・・(冷や汗)

 

 さて、首都圏も間もなく梅雨入りしそうだと、天気予報が繰り返している。だったら梅雨明けも早いのかと思えば、まったく関係ないらしい。例年より長い梅雨になりそうとのことで、どれだけ続くのかと天気特集を読んでみれば・・今回は2ヶ月間を超えるらしい。マジか?

f:id:im_kurosuke:20210516091511p:plain

連日、梅雨入り間近かと報じる天気予報に凹む


 ちょっとでも洗濯物を貯めたくない性格の自分にとって、2日に一度の洗濯干しはルーティン。暇人の貴重な営みだ。徒歩2分ほどでガス乾燥機を備えるコインランドリーはあるものの、なんせ無○無○○の身。一円でも余計な出費は抑えたい。

 オープンカーであるマイカー君とのお出かけも天気予報頼みだ。別に雨漏りするような軟弱君ではないが、綺麗なボディを汚したく無いし、そもそも屋根を開け放てないなんてオープンカーの価値半減である。時折の雨は歓迎するが、2ヶ月もそれが続くなんて興醒めだ。雨続きなんぞものともせず散歩で歩き続ける愛犬が側にいれば、僕も釣られて元気になれるのだが・・・彼は遠くだし。

 オリパラ業務を強いられている友人らは次々と鬱になっていくが、、僕も梅雨というキーワードを聞くだけで憂鬱になっていく。勘弁してほしい。。。

やっぱり不便な今住む下町

 どーでも良いことを考えたらお腹が空いてきて、ふとHottoMottoの”のり弁当”が食べたいなぁ〜なんて思ってしまった。決して特別な食事でなさそうに思えて、今の僕にはとってもハードルの高い弁当。なぜか?下町我が家の近所にHottoMottoが無いからである(涙)。

f:id:im_kurosuke:20210516180545p:plain

思い出すと食べたくなるHottoMottoのアツアツのり弁当


 こんなことを書くと確実に怒られそうだが・・・我が家からHottoMottoまで最も近いお店は自転車で15分以上。たかだかそんな程度の距離かもしれないが、50歳を過ぎ、かつせいぜい自転車に乗っても5分程度の生ぬるい暮らしをしているオヤジにとってはまるで冒険。フィットネスクラブ休業中で運動不足なんだから、喜んで自転車こげば良いという見方もある。だが、今にも泣き出しそうな空を見上げて躊躇。本当に生ぬるいオヤジだ・・我ながら。

 そして考えた。雨が降り出す前にサクッとマイカー君で買いに行けないだろうか。GoogleMapを立ち上げて、ちょいとマジメに考えてみる。車庫まで逆方向に徒歩8分、マイカー君での往復に10分、車庫から我が家まで徒歩8分。雨で濡れるのを覚悟で我が家からHottoMottoへ自転車往復なら30分。どちらも時間にすると、大して変わらない。唯一の違いは、自転車往復だと突然の雨を喰らう可能性があるだけだ。

 日々マイカー君に乗りたがりの僕は、愚かにも"のり弁当1個購入"にマイカー君を出動させようとたくらんでいる。GoogleMapのストリートビューなんぞで、HottoMottoに駐車場があるかを確認する。「・・・・」何と下町近隣のHottoMottoには駐車場はおろか、弁当を待つ間に路上駐車できそうな道幅すら無い・・・(驚)。

f:id:im_kurosuke:20210516180330p:plain

下町のHottoMottoは、どれも車で行きにくい・・


 もう少し距離を伸ばし、違うお店なら駐車できないかと調べてみる。ダメだ・・・下町どのHottoMottoも路上駐車すらできそうにない場所ばかり。そう、下町はとにかくどこもかしこも道が狭いのだ。こうしてマイカー君で"のり弁当"を調達に行こうというアイデアは消え去った。

また余計なアイデアが浮かんだ

 この流れで済まないのが、ある意味僕の悪い部分。HottoMottoのすぐそばに駐車できなければ、限りなく近くに路上駐車して、そこから折り畳み自転車を使って買い出しに向かう案はどうか?と。先にキックボードなどでの移動を考えたが、調べてみると道路交通法上で車道を走ってはイケナイらしい。我が家の近所で通勤に使っている姿をよく見かけるが、それはどうやら違法のようだ。50歳すぎたオヤジがキックボードで捕まって違反切符切られるなんて情けなさすぎるので、これは却下。で、折り畳み自転車はどうかと考えたのである。

 早速、懲りもせずにネットでリサーチ。とても狭いトランクのマイカー君に積めそうな折り畳み自転車はどれかと。星の数ほどありそうな折りたたみ自転車の中から、無○無○○の僕でも買えそうなのをピックアップしてみる。もしもトランクに常時折りたたみ自転車が格納されていれば、マイカー君での旅先において行動範囲が広まるなぁ♡なんて早くも妄想が始まった。ホント、我ながらタチが悪い・・・。

f:id:im_kurosuke:20210516180017p:plain

自分でも何とか買えそうな自転車に絞ったが


 ココでハッと気づく。マイカー君のトランクに本当に積めるのだろうか?慌ててトランクの間取りを調べてみるも、どこをどう探してもそんな情報が出てこない。RIMOWAのスーツケースが載るほどの容量はあるらしいのだが、肝心のスペックがハッキリしないんじゃ困ったもんだ。折りたたみ自転車なんぞ買ってしまって、いざ積めない収まらないでは話にならない。さっきまでHottoMottoの"のり弁当"で埋め尽くされていた脳内は、完全にトランク容積を知りたい脳に変わっていた。

ワタシは一体何をやっているんでしょう?

 思い立ったようにメジャーを手にして自転車に跨り、車庫を目指した。マイカー君のトランクを測るためである。少し前の、弁当と天気に悩んでいた自分はどこへ行ったのだろうか?

 地下からマイカー君を呼び寄せ、トランクを開き、メジャーでサイズを計測。ヨシヨシ、これでどんな大きさの自転車が積めるのか想定できるようになった。ようやく気持ちが落ち着く。(後に、やはりトランクに入らないサイズの自転車だったと確認)

f:id:im_kurosuke:20210516224859p:plain

Keynoteで上手く書けないがトランクサイズを測ってみたw


 そのとたん、空腹だったことを思い出した。グゥグゥ〜♪周りを見渡すと、オレンジ色の看板が遠目に止まる。牛丼の吉野家である。数分前までHottoMottoの"のり弁当"を欲していたはずの僕の胃袋が妥協している。もう牛丼で良いから喰わせろ!と。「・・・・・」仕方なく吉野家に入り牛丼弁当を買い、自転車に跨って我が家へと向かったのでした。

f:id:im_kurosuke:20210516175833j:plain

HottoMotto希望から急遽吉野家の牛丼に



 ※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。