オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬とも離れ、終活に悩む男の日々

四国〜東京ドライブ日記その2

(これは2021年4月11日の日記です)

 

神戸(兵庫)〜大阪〜京都

 明石海峡から本州へと渡り、神戸〜大阪〜京都を素通り。まぁ走っていて思ったことは、とても退屈でつまらないものだったな、と。それもそのはず、せっかくの3都でも片側2車線程度の狭い高速道路を走っている限り、東京と感覚は変わらない。コロナ禍であっても日曜日であっても、そこそこ交通量も多いので、屋根を開放していても不快な排気ガスの匂いに包まれる。高速道路を降りれば楽しい世界が待っているのは分かっているだけに、家路を急がねばならない状況が恨めしかった。

f:id:im_kurosuke:20210414234438j:plain

横浜ベイブリッヂと錯覚するけど、、明石海峡大橋


 何度も書いているけど、今の僕はとっても健康体。3食規則正しく取っているし、夜はしっかり睡眠。無職な分ジムで多少運動はすると言うものの、神経使うことは殆ど無い。何が言いたいかだが・・・大した体力は無い(苦笑)。だからだろうか?早起きして空港から飛び、四国を巡ってきた身には、、、高速道路の単調なドライブがとっても辛かった。早朝からの疲れだろうか、不思議と睡魔が襲う。走っては休み、走っては休みの繰り返しだった。

f:id:im_kurosuke:20210414234533j:plain

関西三都のサービスエリアでも快晴だが、、気分の高まりは無し


 快晴とは言え、数時間をオープンカーにて100km/h前後で走り続けていると身体も冷えてきた。そこで、ルーフを閉じて走る続けたが・・・風を浴びない分、さらに睡魔が襲う。追越車線をすっ飛ばしている車に抜かれ続けたけど、ここは我慢。チョイと目立つ車で速度違反などしてれば、良い見せしめとばかりに各県パトカーの御用となることは必至。睡魔と、、、我慢との戦いだった(苦笑)

 名古屋あたりのサービスエリアにて時間と体力に相談。休み休み走って、一気に帰宅できないわけでもない。しかし、この睡魔との戦いはなかなか辛い。乗り始めた直後から事故でも起こそうもんなら大変だ。そこで、当初想定していたのけど、、静岡県内で一泊することにした。名古屋も悩んだが、、、想定外の出費を嫌った。そう、僕は無職無収入なのだから(苦笑)。

 というわけで、静岡県内突入直後の街、浜松に宿を取ることにした。サービスエリアで旅行予約のAgodaサイトと睨めっこ。前にも書いたけど、旅行手配は大好き。いつものごとく、数あるホテルを口コミ情報と合わせて精査する。決め手は、清潔感と食事の美味しさ。ロケーションは二の次。あ、価格はもちろん重要だ。なんてったって僕は無・・・・・・。

静岡県浜松市に一泊

 スズキ自動車の本拠地。そして三島市と並ぶ鰻丼の聖地(笑)。前回、ここを訪れた時はBMW仲間との集まりだった。この日と同じく浜松駅近くに宿を取り、夜は居酒屋で大宴会。東京から持ち込んだ仮装グッズを強制的にメンバーに付けさせ、それはそれで盛り上がった。コロナ禍の今なんて、絶対ありえない楽しさがあった。懐かしいなぁ。

 さて、旅行手配大好きな自分がチョイスしたのは、浜松駅前"くれたけインプレミアム浜松"ってビジネスホテル。いつもだと思うが(1)快適性(2)お値段(3)朝食といった順で絞り込んだ。約30年、国内外各地の出張を続けた人生での一つの答えだ。あ、最近は大浴場も選択肢にあるかも。東名自動車道を降りて、トロトロ走ること10数分だろうか。ホテルのある浜松駅に到着した。

 ネット民によると元々は1ルームマンション棟だったそうだが、小洒落た外観からは想像しにくい。全てにおいて狭いのは当然だけど、ロビーも通路も客室も明るく清潔で好印象。駐車場は所持しておらず、提携先の駅前タワーパーキングにご案内。低い車高をかすりもしない高低差の無い駐車場で助かった。

f:id:im_kurosuke:20210414234753j:plain

ブツけず駐車できて・・・ホッw


 予約した部屋はダブルルームだけど、先週の香川県を思い出し、期待はしなかった。やはり!部屋に入ると極小サイズのジャパニーズルーム。だけどだけど、ベッドだけは良い意味で裏切られた。広い!クィーンサイズだ。無職無収入のビンボーオヤジ旅行国内編でクィーンサイズベッドで過ごせる日は一生来ないと思っていただけに感動ものだった。もう、これだけで100点満点(笑)。

f:id:im_kurosuke:20210414234823j:plain

分かりにくいけど"クィーンサイズ"のベッドに感激


 お腹が空いていたので、駅前の非チェーン店らしき居酒屋へ飛び込んだが・・・これは大失敗。大して美味しくもないのに値段だけは立派なテキトー料理に数千円払う。

f:id:im_kurosuke:20210414234908j:plain

残念だった・・21時を過ぎても営業してた浜松駅前の居酒屋にて


 ゲンナリして、コンビニで色々買い込んで部屋にて飲み直し。良い感じにお腹が満たされたところで、共同風呂なる案内に気づき、いそいそと行ってみた。日々通っているスポーツクラブのそれにはほど遠いが、4〜5名は一度に入れるであろう人工温泉。貸切状態だったこともあるかな?半日ほどの飛行機と車の旅疲れを取るには十分だった。クィーンサイズのベッドだったからか、よぉく眠れました(笑)。

今日も、あの景色に癒されて

 翌朝のホテル朝食。まぁビジネスホテルの食堂なんだけど、メニューは相当の頑張りよう。これでもか、というくらい狭いスペースにあれこれ料理が並んでいる。このところ、菓子パン程度しか食べない朝食が続いていたので、腹一杯たいらげ大満足。最近、東北方面以外のビジネスホテルでの朝食はチョットした楽しみになりつつある♡(残念ながら東北方面で満足できた経験は無し)

 大浴場は朝も入りたかったが、朝食でまったりしてしまったために諦めた。部屋をこぎれいにしてチェックアウト。Googleには旅行者らの手厳しい評価が少なくないホテルだが、今の僕評価では合格点だった。とっても快適でした。

 市街にてガソリンを満タンにし、再び東名自動車道へ。この日も快晴。ルーフを閉じたまま走り始めたが、ほどなくして水平線の向こうにアレが顔を出した。そう、富士山だ。前日には上空東側から見下ろすように眺めたが、この日は西側大地からのご対面。青空に雪化粧をまとった山頂が映える。良い一日になりそうか?なんて考えながら、快調に車を進める。

f:id:im_kurosuke:20210414234948j:plain

眠気を吹き飛ばしてくれるアレが見えてきた

f:id:im_kurosuke:20210414235047j:plain

ドドーン!やっぱ日本人にはサイコーww

 この後、思ったよりも混雑していた首都圏に入り、最後の燃料補給と・・・長距離走行での汚れを落とす。単純に前方へこびりついた虫の死骸を落とす(笑)。ピッカピカのマイカーを眺めて気分はアゲアゲ。この後、思い知る下町での衝撃を知らずに。。。

 

 

 ※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。