オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬とも離れ、終活に悩む男の日々

充実した日々への備え?冗談です

コロナ第四波は、もう目の前

 昨日は3月24日。サラリーマンなど雇われている多くの人たちなら、給料日前でこずかいが厳しいはずの日だ。しかし、そんなものはどこ吹く風と言った光景を目の当たりにした。どうしてもという用事があり、夕方に電車を利用。目と鼻の先にある下町の駅だが、何となく人が多いように感じていたが・・・用事が済んだのは午後6時。不運なことにラッシュアワーに合わさってしまった。ちょっと混んでいるかなぁと不安だったが、ホームに入ってきた下り電車の様を見て驚いた。一昔前の出勤時間のごとく、電車の中は人間でぎゅぅぎゅぅだった。

f:id:im_kurosuke:20210325090858p:plain

残念だらけと思う日本の新型コロナ対策


 乗車を躊躇ったが、帰らねばならない。仕方なく流れに身を任せて下り電車に乗った。何と、ぎゅぅぎゅぅの中に何組かの酔っ払いの爺い達。身動きも取れないほどの混雑なのに、大声でレベルの低ぅ〜い話を交している。しかも・・・何度も同じ言葉のやり取り。言うと失礼だが、その日暮らしのような風貌の爺い達。明るいうちから酔いの回る安酒でも煽っていたのだろう。そんな連中が車内のアチコチにいるから堪らない。純粋に帰宅を急ぐ人々は皆顰めっ面。

 悲しいかな、そんな酔っ払い爺いらも含めて、多くが僕の住む下町で下車する。振り向きざまに見た電車の中は相当空いていた。自分が住む街って、こんなにも人が降りるのか。駅前に住んでいるから気づかないが、実は相当なベットタウンなのだ。駅前の至る所に自転車駐輪場が点在する理由がこれだ。。。

 駅から出て、かろうじて大混雑からは解放されたものの、家路に続く商店街沿いの居酒屋を眺めても驚愕。何かのお祭りか?と勘違いするほど、どの居酒屋も満員御礼。いやいや、労働者の皆さん給料日前でしょ?強いて言えばサッカーやラグビーのW杯で日本が勝利したかのごとくのお祭り状態なのだ。客席にアクリル板が立つのを良いことに誰もがマスクは付けず、怒鳴るかのごとく大声で盛り上がっているのが通り沿いからも分かる。

 緊急事態宣言が解除されてから三日目。都内での感染者は緊急事態発出後の最大人数だったそうだが、おそらくそれは首都圏が自粛していた頃の感染者。今日の街を体験して思った。これからとんでもないことになるな、と。

 それでも、こうさせたのは政府や自治体の首長だ。新型コロナなんて遠い昔の話のごとく騒いでる爺い、こいつらを勘違いさせてしまったのだ。しかも、21時までなんて時短営業要請を続けちゃうもんだから、客は営業時間内に集中する。もう、手の施しようが無くなっている。とにかく接触を避け、移されないようにしよう。そう思うばかりだし、それしか無い。

ブームに乗らず、引きこもります

 緊急事態宣言が解除された!って羽根を伸ばしたくなる気持ちは重々わかる。恥ずかしい話だが、高齢の母親までがそんな感じだ。しきりに美味しいものを食べに行こうと誘ってくる。常々それを断り、家から出ないよう説得を続けている。なぜなら変異株も相まって、首都圏に住んでいる僕らの感染する確率がとっても高いからに他ならない。

 感染して死ぬとは思っていないし、それでも感染したならいっそのこと命をお終いにしてもらっても良い。しかし、後遺症を抱えて生き延びるのは嫌だ。男性だから脱毛はまだ良い。怖いのは味覚や嗅覚がなくなることだ。何を食べても味わえないのに生きていくなんて、辛すぎる。離婚して家族を失って独り身でいるからこそ、究極の楽しみなんて飲み食いでしかない。新型コロナ感染というのは、その楽しみを無慈悲に奪う。それって死ぬこと以上に怖いのだ。

 そんな思いもあって、やはり当面は無職を良いことに引きこもりたいと思う。

そして、暇つぶしの準備へ

 不幸中の幸いか、今週末から大好きなフォーミュラワン・サーカスが始まる。コロナ禍の影響を受けて昨年は17戦しか開催されなかったが、今年は何と23戦を予定。しかも、HONDAエンジンを積むアルファタウリから若干20歳の角田選手のデビューが決まっている。実に7年ぶりに日本人F1ドライバーがデビューする。もちろん、F1撤退を決めたHONDAエンジンの最終年度ってことにも注目だ。仲間内からは意外に思われるが、僕は未だフォーミュラワンってイベントを一度もサーキットで観戦した経験がない。だから、TV視聴で十分と思える娯楽なのだ。

f:id:im_kurosuke:20210325090214p:plain

今年のF1でとっても楽しみな角田選手


 年間20前後開かれるレースは、開催地ごと金曜日がリハーサル走行、土曜日が予選、日曜日が決勝と、毎回3日間続くそのほとんどは深夜放送。日本時間での0時過ぎから中継されるパターンが多い。自然と真夜中の娯楽となるので、証券取引所が開く9時くらいまでグッスリと寝ることが出来る。その時差のおかげで炊事洗濯も遅い始まりとなるので、昼間の時間は潰しやすい。無職暇人だからこそ余裕でこなせるライフサイクルと言えるだろう。

 そんな理由で、今週末からは精力的にフォーミュラワンの国際放送をライブで見ることにした。フジテレビの地上波放送は遠く昔に終了しているが、現代にはDAZNがある。これに加入すれば、大谷選手が出場する米大リーグや日本人選手の活躍も多い欧州サッカーをライブで視聴することが叶う。無職暇人にはとってもありがたい娯楽だ。

f:id:im_kurosuke:20210325090317p:plain

日本にてF1をLIVE視聴できる唯一のインフラDAZN


 そこで、フォーミュラワン全戦を生中継してくれる有料放送サービスDAZNに加入することにした。

とりあえず最良と思える契約を選ぶ

 何度も愚痴っているインターネット接続。悩みに悩んだ結果、加入中のGMOとくとくBB提供のWiMAXから安価に乗り換えられるDoCoMo光へと変更することを決めている。DoCoMoは以前からDAZNと提携しているため、DoCoMo光契約者となればDAZNに安価で契約できる。これで行こう!と思っていた。が、待てよ。よぉく調べてみれば、もっとお得な契約方法が転がっているんじゃなかろうか。これまでの度重なる失敗が、そう思わせてくれた(苦笑)。

 となれば、無職暇人の本領発揮。得意の?Googleオペレーターと化し、DAZNの様々な契約方法を巡っていく。アッという間に、2つ発見があった。DAZNのオフィシャルサイトで、だ。まず、DoCoMoユーザーへの大幅な割引設定が昨年で終了していたということ。昨年8月までの申込者であれば月々1,078円で視聴できた。しかし、現在その割引は終了し、普通申込者と何ら変わらないサービスとなっていた。ショックだった・・・(涙)。それと、DAZNの契約には年払い制度があり、これを選ぶと一ヶ月あたり1,600円ほどとなって月々320円ほど安くなる。

 オフィシャルとDoCoMoは調べたが、ではその他サービス事業者経由はどうか。すると、結構詐欺系っぽい情報が乱れ溢れていた。「DAZNを無料で」なんて文字が踊る。すでにオフィシャルを調べ切ったつもりの自分は、それらの情報に踊らされることは無かったが。そんな中、信頼できた情報はDAZNプリペイドカードの割引販売。過去に何度か利用しているインターネット通販事業者が扱っていた。これは3ヶ月用一択で、料金は3,480円。念のためDAZNオフィシャルで利用方法を確認したが、クレカなど利用できない方向けに用意された仕組みらしい。これを利用すると月々1,160円と最安。この他、朝日新聞契約者向けや指定クレカ会員限定などの割引提供もいくつか見つけたが、それぞれの会員になるつもりのない自分は、プリペイドカード一択となった。

f:id:im_kurosuke:20210325102201p:plain

どこから契約するにしても、まずは情報整理w

で、とりあえず購入しました

 eBayにてプリペイドカードを購入。とりあえずお試し的に3ヶ月用を1枚。と言うか、残念なことにインターネット通販事業者は3ヶ月用しか扱っていないようだ。電子情報でなく、郵送で送られてくるタイプらしく、送料は無料。この仕組みを使っても、DAZN登録初心者なら最初の一ヶ月は無料視聴となる。この仕組みであれば、初年度は13,000円弱でDAZNを視聴できる計算。まぁこの割引販売が一体いつまで続くかは分からないので、まず最初の利用で支障無さそうであれば、何枚か仕入れておこうと思っている。

f:id:im_kurosuke:20210325090533p:plain

年に数回利用するeBay経由にて購入


 これで、フォーミュラワン2021ライブ視聴に向けた段取りは整った。光ファイバー工事が一ヶ月以上先の見込みで、それまではWiMAXの頼りないWiFi接続なのが不安の種だけど、、、暇つぶしには大いに貢献してくれることだろう。ふと自分を思った・・・働く気無いな、と(苦笑)。

 

 

 ※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。