オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬も奪われ、終活に悩む男の日々

iMac分解挑戦記 その三

僕にしては珍しいガジェット分解記録。中古で買ったその日のうちに始めた分解も、いよいよ大詰め。家にあったT10に加え、金物屋さんから調達したT8で道具は揃った。

完全に分解したiMac

 涙ながらに調達してきたT8を使って、無事に電源ユニットも取り外し。いよいよマザーボードのネジや配線を外し、メモリスロットとご対面。僅か8GBと頼りないメモリを16GBに増設できる瞬間が、もう目の前だ。

 分解して目的を達成したら、今度は逆の手順。だからと言って手抜きは禁物。配線のつけ忘れはもちろん、配線やコネクターの破損なんかがあれば即命取りだ。パッケージから取り出してもいない新しいメモリを眺めつつ、今一度気分を冷静にと落ち着かせる。

そして、ついにご対面

 T8ねじ数本を外し、やや指を震わせながらマザーボードを動かす。ズレた。うん、YouTubeのガイド通り、マザーボード事態が外れた。残念ながらソケットの無い配線もあることから、完全に取り離すことは出来ない。言ってみれば宙ぶらりんの状態。ただ、目的はDIMMメモリスロットへのアクセスでしかないので、問題ない。

 配線にダメージを与えないように、そーっと、そーっとマザーボードの裏を覗く。まずは2枚の4GBメモリを取り外さねば。さて、肝心のメモリ君は一体どこであろう。既にワクワクしてしまう気分に落ち着け、落ち着けと言い聞かす。さて。

我ながら、自分に呆れる時

 いっくら除いてもメモリ君が見当たらない。あれあれ、おかしいゾ。今一度YouTubeガイドを見直す。ふんふん、マザーボードのその辺りにあるのか。よし、分かった!ともう一度、マザーボードを慎重に裏返す。んが・・・何度見ても・・・無い。

 「まさか!」あわててGoogleにて検索。キーワードは「imac」「late2015」「メモリ」「交換できない」

 ズラっと関連のページがヒットした。上位からいくつかを眺めてみる。・・・・・詰んだ。AppleiMacメモリ増設に関する記事にも、よぉぉぉおぉく見ると小さく「アップグレードできません」と書いてある。。。

f:id:im_kurosuke:20210130125914p:plain

見つけました、今更ながら・・・


 何と僕が調達した中古iMac late2015は、そうなのだ。メモリスロットが・・・無い。うっそん。
どうやら、ほんの一部の機種のみコストダウンのためにメモリが内包され、BTOでしか変更できないという。なんと何と、僕が調達したiMacは見事に該当していた。もう一度言う。うっそん。。。バラバラになったiMacの隣りに置かれた16GBメモリ。ごめん、用無しだ・・・

落ち込みながらのSSD装着

 気を取り直して、マザーボードから順に外した部品を取り付けていく。YouTubeガイドは、ご丁寧に取り付け手順まで映像化されていた。他の多くは「取付は手順を逆に進めれば良いだけ」と一言で終わらせてしまうが、僕が見ていたガイドはとても丁寧であった。

f:id:im_kurosuke:20210130123214j:plain

late2015iMacは、僕がもっとも分解を経験したモデルになった


 HDDケースから本体を外し、SSDと入れ替えてソケットを指す。この工程はスルッと終わってしまった。T8、T10のドライバーを使いながら全てのパーツを元通りにした。そして、液晶ディスプレイ装着のために両面テープを全周にセット。圧着して完了。この工程のみ後日やり直した。両面テープの幅が太すぎ、かつスポンジの厚みがありすぎたためだ。割高だったが、amazonにて5mm幅、かつ極薄、強力な両面テープに付け替えた。

 SSDへのOSやデータの移行などかなりの時間を要する作業もあったが、一通り終わると、本体メモリが8GBしかないとは思えないほど「起動が早い」「ウェブサイトの描写も早い」と良いことずくめ。僕のようなネットサーフとワープロくらいしか使わない用途であれば、SSDに変えただけでも満足が得られるということを(今更ながら)知った。

f:id:im_kurosuke:20210130123549j:plain

SSD換装のみ果たしたlate2015iMac(手前)

今後のMacintoshライフは

 iMac分解挑戦記と題した独り言は、これにて終了。M1チップ搭載iMacが発売されたら、late2015モデルはどうするのかと古巣の後輩に聞かれたが・・まだその頃の判断は出来ない。過去データ利用がM1搭載iMacでも不具合なくできるのかなど、不安が少なくないからだ。仮に入手しても、今の処このlate2015を手放そうとは思っていない。もしかして、後輩は僕が手放すのを期待しているのだろうか?(苦笑)

 late2015iMacが快適になったばかりだというのに、やはりM1搭載モデルの発表が待ち遠しい。27インチのIntelモデルが20万円そこそこからだから、M1搭載モデルは20万円強だろうか。その予算はしっかり保持し続けなくては。

 

 ※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。