オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬も奪われ、終活に悩む男の日々

やるぞ!と、その前に

まず、やるべきこと

 久しぶりの更新。あえてブログを書こうと思えるネタもなく、いつものごとく少々の筋トレをやって人工温泉に浸かるのが中心という、独身無職ならではの暮らしを満喫している。

 だからと言って、いちおう明日のことも考えていて、何となく起業のコンセプトは見出しつつある。たぶん、、、儲からないけど(笑)

 それでも、起業しようと決めたなら「ちゃんとヤッてみたい」性格の自分。これまで、散々取引先企業にコンサルしてきたことの相手を自分に振り分けるのだ。コンセプトを決めたなら、それを元に計画書を策定しましょう〜という具合に。ということで、自分の事業計画整理に着手。広告屋出身の自分を、、、面倒臭い性格だなとあらためて思う(涙)

 MacでMircrosoftアプリを立ち上げる。メモリを増強した我がiMacにも関わらず、アプリ起動に時間がかかる。レインボーになったマウスカーソルがくるくる回っている。PowerpointExcel、Word・・・どれも起動が遅い。

f:id:im_kurosuke:20210127130704p:plain

late2009では思うように動かないofficeアプリ



 テキストを入力してみる。漢字やフォントの変換待ちがストレス。う〜ん、せっかくやる気になっているのに・・・アプリの遅さでイライラが続き、疲れてしまった(苦笑)

そして思いつく

 アプリが古すぎるのか・・・。そう思って、MicrosoftOfficeアプリを最新のものに変えようと思い立った。メーカーや専門機関、そしてユーザーの声を調べる。う〜ん、今時はどれもサブスク化されていて、毎年使用料が搾取されるのか。一度買ってしまえば永久に使えた時代の僕には中々受け入れ難い。。。

 ここで、使ったことのないAppleアプリを思い立つ。そうだ。KeynoteやPagesを使ってみたい!前職の時代、若手社員がプレゼンテーションに使っていたKeynoteは動きがカッコよくて、いずれ使いこなしちゃると思ったものだ。ミーハー(笑)。

f:id:im_kurosuke:20210127130759p:plain

やっぱりMacユーザーはこれでしょ!と思ったが



 視点を切り替えてAppleアプリを調べる。うっそ!なんとAppleUserには無料とある。マジか?毎年使用料を搾取するMicrosoftとは偉い違いだ。うん、Appleアプリにココで切り替えよう。そう決めた。

障害のご登場

 早速、ネットでアクセスし、ダウンロードのページへ。下町マンションで使っているポケットWifiの性能が心許ないが、仕方がない。セットアップまで数時間を要するかもしれないが、幸い今の僕は自由自在に時間を使いこなすことができる(苦笑)。ドンと来いである。

 さぁ早速ダウンロードだ!と思ったのも束の間。。。なんとアプリからの要件が・・macOS10.15以降とある。我がiMacのOSを調べてみると・・・High Sierraというやつでナンバーは10.13。はぅぅぅう!

f:id:im_kurosuke:20210127130830p:plain

Keynoteを使うにはOSを10.15以上にしてチョ、と



 おっかしいなぁ。OSのアップデートを怠っていたかなぁ?怪訝な気分になりつつ、今度はOSのアップデートへ挑戦。んが、しかし。。。late2009モデル。そう、2009年に製造された我がiMacはすでにOSアップデートの対象外機種となっていた。何と!!

 ということで、、、現行のAppleアプリ、KeynoteやらPagesはダウンロード&利用不可ということが発覚した。

12年目の・・・決断

 米中のIT系メディアによると、今年中にM1チップ搭載のiMacが発売されるのは確実と語られている。そう、僕も去年からそれを心待ちにしている。次世代iMacを購入すれば、最新のOSやアプリをダウンロードできないといった悩みや驚きから当然開放される。今か今かと待ち望むものの、、、相変わらず不正確なリーク情報がポツポツと流されるだけで、真偽は定かではない。

 そこで、僕はとうとう決断をした。iMacを買い換えよう。初代iMacからこれまで4タイプ。iMacをこよなく愛し続けてきた僕の決断である。

その判断の結末は・・

 ほんの数十分。Appleホームページと睨めっこし、僕は決断した。「良品な中古を買おう」
無職無収入の僕にふさわしい決断である。もう一つ、中古を選ぶ理由に"次世代iMacを待つ身"であることが挙げられる。M1チップ搭載モデルが発売されたら初期ロットで買おうと思っている。噂でしかないが、その時期は早ければ3月。残り2ヶ月も無い。その日までのために、20万円前後を投資するほど僕は金持ちではない。

 決断したら早い。僕はその日のうちにPC通販専門店のドスパラというお店へ注文をだしていた。選んだのは2015年モデル。最新型と比べて、内包のCPUやグラフィックカード、外部機器用のインタフェースは古いが、基本的なつくりは最新モデルと同様のタイプ。

f:id:im_kurosuke:20210127130942j:plain

late2009と並ぶlate2015のiMacは、やはり薄い!w

ええと、目的は・・・

 iMacを注文したとたん、次にやることが描かれてしまう。メモリは増強。HDDはSSDに交換。データの移行はどうやるか。TVモニターとのミラーリングに必要となるケーブルは無いか?などなど。iMacを置く部屋の見直しなどまで考え始め、ワクワクしてくる。あれ、なんかオカシイ。

 ここで当初目的を思い出す。そうだ、起業のための事業計画を整理するんだった。大昔のように鉛筆やボールペンを持ってノートに書き綴っていくのであれば、Keynoteを使うという発想に至らなかった。そもそも、遅くてもよければPowerpointやWordアプリでも出来たのだ。それがどうだ。なぜかMacを買い換えて整備するという目的に変わってしまった。

 ・・・自分らしい。

late2009モデルの嫁ぎ先

 去年の9月。たった4GBしかなかったメモリを12GBへ増強させた。劇的な変化があり、M1チップ搭載iMacが登場しても買い替えの必要は無いんじゃなかろうか、とまで思ったものだ。それがどうだ。4ヶ月後には、実際に買い替えてしまった。我ながら・・恥ずかしい性格だ。

 年末の約束を思い出した。M1チップ搭載iMacに買い替えたら譲ってくださいよ、と言っていた後輩。ヤフオクにでも出したら2万円くらいで売れんじゃね?と言ったら、なぜか「じゃぁ1万円で買いますから」と答えた後輩。思わず、足し算とか引き算とか知ってる?と聞きたくなった。

 late2009のiMacなんて、とっくの昔にAppleでは査定ゼロのモデル。ヤフオクに出品する手間、ブックオフなんぞに持ち込んで下手するとリサイクル処分費が請求されることを考えれば、、まぁ1万円で後輩宅行きも悪い話ではない。新たに仕入れたiMacのメモリ増強経費くらいにはなるかなと思い、後輩に連絡を入れた。メモリを増設してから4ヶ月目の我がlate2009モデル、ドナドナ決定である(笑)

 

さぁ、せっかく意思を固めた起業、そのための事業計画整理であるが・・・始める前からアプリやiMac問題でつまづいた。さてはてどうなるのか。自分でも楽しみである(苦笑)

 

 

 ※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。