オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬も奪われ、終活に悩む男の日々

そうだったのか夜の街

東京下町外れの夜

 コロナ禍話題で自分自身疲弊しまくる毎日だけど、思考を変えて更新してみます(笑)
ネタ元は今僕が住む下町外れ。駅前なんで飲み屋だらけなんだけど、想像を超えた真面目加減で時短営業だわ当面休業だわ閉店だわ、とにかく20時になるとパッタリ灯りが消える。

 すっかり、下町ならではの町内会の連隊の強さか、経営者にマジメなご高齢が多いのかと、良い方向に想像していただけど・・・一部は違った。何と!看板の照明を消し、ストリートの呼び込みを撤収させながらも、実は営業していたのだった!(笑)

 

下町に溢れる女性パブ

 この街には多くのタイマッサージの他、「フィリピンパブ」「チャイニーズパブ」「コリアンカラオケ」「ガールズバー」と、風俗にも数えられる飲食店が数えきれないほど有る。いや、正確には「数えたくないほど」有る。駅から出てきた中高年オヤジは"フィリピンパ〜ブ?"この後、飲みの方はいかがっスか?"オニさん、マッサージするよ"と何語か不明な言葉で呼び込まれる。

 日本勢は、なぜか20歳前後の女性が「3,000円」と書かれたプレートを首から下げて"お兄さま、こんばんわ〜"と道ゆくオヤジらに声をかける。この寒空の下、ずぅーっと立ちっぱなしで顔出しして呼び込みし続けているのだから、たくましいもんだ。まぁ立ってるだけで、そこそこ良い時給が貰えるのなら美味しいバイトなのかもしれないが。

 と、本来ならそんな感じで、何箇所かある駅の出口は女性パブ関係者による呼び込みだらけの街である。しかし、緊急事態宣言の最中、すっかり成りを潜めてしまっている。

夜の街、やはり厳しい状況

 しかしながら、やはりコロナ禍の影響もあり、緊急事態宣言が発出されるより前から客は減り、よほどの指名客でも持たない限り、稼ぎはとても不安定になっていたそうな。なぜそんなことを知ったかと言えば・・少々仲良くしているフィリピーナ(女性)に聞いたから(苦笑)

 彼女こそ、不安定なバイト代では生きていけないとシフトを減らし、なんと安定収入を求めて大手物流会社の深夜仕分け作業バイトを始めた。夜から朝まで湾岸の倉庫地帯で働くのだが、なかなか通勤不便な勤務地。僕が優雅に無職無収入なのを知っているので、たまに送れとか迎えに来いとか甘えてくる。まぁ昭和の時代的に言えば都合の良いアッシー君だ。。

 そんな彼女との会話で聞いたのだ。看板消してるが営業していると。。。いやいや、それじゃお客さん入って来ないだろ〜と言うのは、世間知らずな僕故。何と、看板を消してるにも関わらず、そこそこお客は入っていると言う。どういうことか?

なるほど実態は、そーいうこと?

 何でも、ホステスを口説くことを夢見ている中高年が個人的に呼び出されているのだと言う。そう。固定客を持つ女性たちは昼間せっせとSNSを駆使し、中高年相手にゴロニャン♡と甘えて呼び出しているのだそうな(笑)

f:id:im_kurosuke:20210114235348j:plain

信じていた某店の案内掲示その1(笑)

f:id:im_kurosuke:20210114235424j:plain

信じていた某店の案内掲示その2(笑笑)


 そのため、グループ客は無しで、ほぼ100%がお独り様なのだそうな。ハハハ。それなら僕でも行ける。まぁホステスから招かれることは無いが(苦笑)

 詳しく聞くと、ほとんどの女性パブが同様の形で営業はしてるんだそうな。ただ、固定客と彼ら目当ての女性だけの構成となるため、カラオケで歌う人はあまりいないらしい。そう。暗がりの席で、きっとイチャイチャやっているのだ。

僕に懐いたのは不人気嬢

 夜の女性たちはたくましいね!とも思ったが、それを僕に語るフィリピーナは、お店を去った側。冷静に考えれば、こんな状況下でも来店して稼がせてくれる固定客を持たない、要は不人気嬢だったのか?と思う。たしかに特別ベッピンさんではないし、僕がなんども喰らったほど忘れっぽい性格なので、夜の街の仕事は合わない女性だったのかも。

 そんな彼女が僕になついたのは・・・冷やかし半分、ステージで歌いたい半分で、いっこうに口説かない僕が新鮮に映ったのか?あるいは目と鼻の先に住んでいる暇人と知って、アッシー君になってもらおうと企んだのか?ま、そんなことはどーでも良いんだけどねっ。

お付き合いは続く

 話題とは関係ないけど、流れで白状。前述のフィリピーナ、僕に味をしめたのか?今度は大使館にドライブに行こうと言う。まともに耳を貸してないけど、VISAの更新手続きか何かだろう。毎日、連れてけ連れてけとゴロニャン♡を喰らっている。うぅ〜ん、この待遇は・・・指名嬢に呼ばれてヒョィヒョィと看板の灯りを消した店へ人目を忍んで通っているエロ中高年とほぼ一緒。

 行き先を調べてみたら、大使館とは何と六本木。まぁ緊急事態宣言なんで、道路の渋滞は無いと思うけど・・・遠くて面倒いなぁというのが率直な感想。なので了承せずにズルズル時間だけが迫ってきてる。さて、決して口説きたい相手でもないフィリピーナの求めに・・応じるのか応じないのか?

 


 日々暇人ゆえ、そんなこともささやかな楽しみではありますが・・・
ではまた。。。

 

 ※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。