オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬も奪われ、終活に悩む男の日々

何一つ伝わらない自民党という人達

(笑)何と通達

 昨日、仲良かった霞ヶ関の某君から助言をいただいた。過激なこと書きすぎてそうですから、身元がバレたらやっかいですよ!・・・まぁそうかも。菅総理に二階自民党幹事長。お気に召さない誰かがいれば片や黙って左遷、片や恫喝と圧力を繰り返してきた方々が官邸を、国を牛耳っている。

 でもね、やっかいって何だろう。僕はとっくに無職の1庶民。困窮者の一員になってたっておかしくない何も無い人だ。前職であれば、偉い肩書きの上司が説教されたり、取引における見えない圧力を喰らったり、公示入札とかで出禁にされたり有ったのだろうが、今の僕に何をする?昔、某氏が誰かに言ってた「お前なんか二度と社会に出てこれないようにしてやる」ってアレかな?。やれるもんならやってみな、だ。

僕は自民党よりも

 相当数非難されると思うけど、当時元嫁さんの身内や知り合いだった方々が東日本大震災津波に流され、福島第二原発が大変になっていた頃。民主党政権原発対策に必死に取り組んでいた。それこそ、国民の命を守るために東電関係者を恫喝、その状況が報道を通じて流れていた。僕自身が元嫁さん親族救済で必死になっていたこともあり、当時の彼らにどれだけ間違いがあろうとも、民主党政権の方々は頼もしく映った。

f:id:im_kurosuke:20210107095842p:plain

東日本大震災の時のこの方の必死の様子が忘れられない

 あの気分が長らくの自民党政権からはまったく感じ得ない。どちらかと言えば上から目線で間違った見解、政策、法案を繰り返し、暮らしという現場は他人事。前職で最後に上司だった人と自民党が被る。何一つ、懸命さも努力も垣間見得ない人達。だから、尾身さんら政府分科会の方々の方がよほど頼もしく見える。彼らは自分たちで考え、自分たちの言葉で語っているから。

 自民党政権だからか、今の官邸連中だからかは不明だが「血の通わない国」なんだなと思う。日本人は形が大好き。ファッションも化粧も名刺の看板も。そして、本当の中身がとっても薄い。人の命を助けたりボランティアするより、贅沢やおしゃれが好き。正しいことと分かっていても決して汚れ役には手を出さない。永遠に"良い人"で在りたがるのだ。経済けいざいと言ってる人の多くは、贅沢な自分の暮らしを守りたい人たち。そこに心や愛って伝わってこない。観光立国になるべく世界にアピールするオモテナシという言葉。心や愛があってこそだと思うが実際はどうだ。長らくの僕の受け止め方が間違っているのだろうか。

 

趣味を捨てレンタカーの暮らし

 昨日も、タイムズカーシェアで車を借りた。下町の賃貸マンション引越し。そして、会社を辞めて無収入となったのをキッカケに、スーパーカーという趣味を放棄。電車バスという公共交通機関で生きていけると踏んだのだが、以外にも自由に使える車が便利なシーンがあることに気づいた。そこで、タイムズカーシェアの会員となり、早1年が過ぎた。

f:id:im_kurosuke:20210107094815j:plain

車を"創る"が趣味だった頃のマイガレージ

f:id:im_kurosuke:20210107095132j:plain

しばらく僕の車と交換していただいたコレも懐かしいw


 外車一辺倒だったため、30数年ぶりに"日本車"をレンタルで使い始めた。ハイパワー車しか乗ってこなかったのに加え、レンタルできるのがエコカーばかり。パワーの無さやボディの弱々しさに呆れたが、借り物だからと割り切った。そして借りるたび、わざわざ乗ったことのない車種を選んだ。レンタルできる車は比較的新しいものばかりだから、さながら日本車試乗体験を繰り返しているような気分になる。

 次第に、日本車の良さも分かってきた。性能はさておき、とにかく乗り継いだ外車と比べてコストパフォーマンスが良い。借りるたび、この車の市販価格はいくらだろう?などと調べ、特に中古車になると二束三文のような値段で売られていることが分かる。(今時、車なんて売れないからね)高額車ばかり乗ってきたから感覚が麻痺しているのだろうか、安い車だな〜が総じた感想。そして、僕が乗り継いできたどの車よりも車内も荷室も広い(笑)


車持たずも快適な日々

 下町マンションが持つ敷地内駐車場は空きが在り、駅前にも関わらず月々2万円で借りることができる。いっとき契約するか悩んだが、車を必要とするのは月に1〜2回。車そのものの代金、駐車場を含む維持費を考えると、レンタルで十分という結論。もはや運転するより晩酌する夜を好むようになったので、車所有欲は無い。運転をしない暮らしなら、いつでも躊躇なく楽しいお酒が飲める(笑)

 ちなみに、昨日レンタカーを借りた理由は"夜の街"で働くフィリピーナ嬢に頼まれたため。とある場所までどうしても連れてってというので渋々借りたのだ。ところが、約束の時間になっても落ち合えない。何だなんだ?と電話をしてみれば、、、約束をすっかり忘れて電車で向かい既に着いたという。・・もちろん呆れて電話を切ったが、せっかく借りたレンタカー。コロナ禍だからか空いている道を、弱々しい性能で楽しんだ(苦笑)。

 

 

 ※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。