オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬も奪われ、終活に悩む男の日々

地元&下町放浪で丸一日

 毎日更新!を課題に始めてみたこのブログ。あやうく更新サボるところだった。独り身になって初。起床したのが9時!自分でも驚いた。普段は6時前後に起きてNHKニュースを見ながらブログを書くのに・・遅れた(笑)

 

珍しく行動範囲を稼いだ昨日

 目まぐるしく活動したから・・・というより、夜は独りハシゴをついついしてしまったからだろう。就寝は2時近くだったし。。ちょっと、おさらいしてみる。

 起床して、ニュースを見ながらコーヒー入れ、ネットチェックして、簡単な朝食を食べて、1日がスタート。まずは地元へコロナ禍における街の状況をリアルに楽しみながら1時間以上かけての電車移動。やっぱり・・・何も変わってないよ。皆んな、ただマスクしてるだけ。ベラベラ喋ってるリーマン連中多し。彼らにゃ危機感皆無。

f:id:im_kurosuke:20201223121503j:plain

地元駅到着直前、ようやく目の前に通勤客が映らなくなった

早々にミス・・・トラブル

 地元についたら銀行のメンテナンス。信用金庫とか住宅ローン利用銀行とか、下町にはATMすら無いので、記帳したりお金の出し入れしたり。と、ここでトラブル。ある信用金庫口座に大金を入れようとしたのだけど、ATMだから受け付けてくれない。50万円までならイケる?とチャレンジするもそれもダメ。えー???と、いくら試しても入金できない。たまたま1台しか無いATMコーナーだったから、気づけば僕の後ろに列!こりゃぁマズいと、慌ててその場を諦めた。大金をカバンにしまいつつ、ふと気づけば・・・キャッシュカード落とした!!

 カバン、ポケット。どんだけ探してもキャッシュカードが見つからない。さてはATMのあたりに放置したか?と慌てて戻る。しかし、、、見つからず。まさか、他人のカードを拾い盗む人がすぐさま登場したとは考えにくい。。。

 ATMを置く商業施設、そして信用金庫そのものに電話をかけた。拾得物として届いてないか、届いたら連絡してくれと依頼。この間30分少々だったけど、とってもエネルギーを使ってしまった。1日のスケジュールが始まる前だというのに。。。

一ヶ月ぶりのヘアカット

 カバンに入る大金を、まずは都市銀行口座に避難させる。しかし、ATMで入金できるのは最大50万円。銀行窓口で時間を使う余裕は無いので、残った万札はカバンに入れたまま、スタイリストNちゃんが待つ美容院へ。見当たらないキャッシュカードやカバンに残る大金が気になっていたが・・・Nちゃんの笑顔を見たら、すっかり忘れてしまった。美女の笑顔が持つパワーは絶大だ(笑)

 新型コロナ状況を中心に世間話しながら、カット&シャンプーしてもらう。相変わらず、僕のハートを鷲掴みにする技術に昇天した。片道1時間、そして千円を超える電車賃がかかるが、、、この至福の時間はヤメられないかなぁ。主治医もそうだが、ちっとも地元から離れられない。そのため、月に3度は下町から通う。精神的には、まるで長期出張中のような気分しかしない。

 Nちゃんに、初めて下町へ引っ越していることを白状した。遠いところから通ってるんだよ、と訴えかけたわけだ。どんなリアクションを期待していたのだろう。「えー!そんな遠くから来てくれてるんですか?」とでも言ってもらいたかったのだろうか?確かに、一瞬彼女が不思議がった。だけど、特にリアクションは無く、下町近辺って行くこと無いよねぇって感じのやり取りだけだった。ハハハ。ちょっと肩透かし(苦笑)

地元駅前を楽しむ

 ヘアカットはもちろんだが、ワックスで仕上げてくれた髪型は、どうしてファッション雑誌のような形になるのだろう。これをシャンプーしてしまえば、二度と同じ形に再現できないのが悲しいな。オシャレになったヘアスタイルになじまないファッションでやってきてしまって後悔。。。

 その後も、都市銀での記帳やら、キャッシュカード紛失の手続きやらを行い、選び放題の街で孤独のグルメ。お気に入りの店にて麺類を堪能。松重豊演じるゴローさんのごとく、幸せを感じた。

 下町には無いUNIQLOにも立ち寄る。駅前に4〜5件あるうちの一店。興味はダブルベッド用の毛布。相当暖かい掛け布団を使っているが、それでも陽の当たらない北側の寝室だからか、シーツが冷たい。UNIQLO製の毛布をシーツがわりに使おうというたくらみだ。しかし、やはり荷物としては大きかったので断念。代わりに、フリースの寝間着数点を買ってみた。毛布代わりに暖かければ良いが(笑)

寄り道も楽しむ

 地元から下町へ戻る間には、立ち寄る価値ある街が多い。UNIQLOの紙袋を下げながら、途中駅も含め、いろいろな店を回る。そんな男性、僕以外はまずいない。ほとんどが女性で、時折学校帰りとみられる男子中高生。下町だったらこうはいかない。仕事も持たないだろう風来坊が多く、僕なぞ埋もれてしまうのが下町だ(苦笑)

 ふと、女性向け靴下専門店に足が止まった。クリスマスが近いから、スポーツクラブやマッサージ店に、心づけでも買ってみるか。ということで、彼女ら自分のお金では買わないであろう・・・プレゼントが入っててほしいようなクリスマス柄の靴下を何本か購入。我ながら・・・おめでたいオヤジだ(笑)

f:id:im_kurosuke:20201223121805j:plain

持ち歩くのがはずかしい女性スタッフらへの心づけ購入

下町すら楽しんだ

 シャビーな空気漂う下町で、筋トレへ向かうために一度マンションへ。買い物袋を放り投げ、スポーツクラブ体制へスイッチ。この活動は欠かせない。筋トレは、1日でもサボると体調がおかしくなる。不思議なもんだ。

 コロナ禍でも営業できているだろうかと、一汗掻いた後に一軒のレストランへ。知り合って一年になるフィリピンレストランに顔を出す。ははは。完全にノーゲス。ビールをもらいながら、厳しい経営状況に聞きいった。クリスマスパーティやら忘年会はおろか、日常的な客すら殆ど入らないという。韓国コスメやらの輸入販売に業態変化させる方針とのことで、肌パックの実験台までさせられてしまった(苦笑)

f:id:im_kurosuke:20201223121549j:plain

あるフィリピンレストランはコロナ検査キットの代理店も始めるそうな


 レストランを後にすると、夜の飲み屋の呼び込み総攻撃。いちおう、客の呼び込みは禁止されているらしいが、この下町は御構い無しだ。日本人、中国人、そしてフィリピン人。駅を出たとたんに彼らが一斉に声をかけるありさまは、まさにカオスである(苦笑)

 そんな中に、立派なカラオケステージを気に入っていたフィリピンパブの呼び込みがいた。時間はすでに11時。コロナ禍の自粛要請を受けて閉まっている時間帯のはずが、聞けば営業中だと言う。セット料金を2,500円にするから寄ってってと言うので、珍しく話に乗ってみた。下町ではおそらく一番の大箱なその店も、わずかな客で閑散としていた。そりゃそうだ。

f:id:im_kurosuke:20201223121635p:plain

フィリピンパブ嬢お約束のLINE攻撃・・・写真撮るなよぉぉ(涙)

 都合3人のホステスとお酒を飲んだけど、お互いマスクを外さず、いちおうカラオケもやらず、ただただ経営状況や彼女らの収入変化を聞くだけの時間となった。ホステスの皆さんの日々には、特に今の僕は頭が下がるばかりだ。朝から夜まで物流などの重労働に行き、夜中はパブでアルバイト。全ては国で飢える家族への仕送りのため。そこらの日本人より何倍もたくましい。1日の最後は、今の我が身反省する〆となった(苦笑)

 帰宅すれば夜中の2時。久しぶりに、自分としては活発な1日を過ごした。それでも、最近の日課に入れてしまった" 孤独のグルメ" を1本だけ視聴し、UNIQLOで買ってきたフリース寝間着も忘れて、ようやく就寝したのであった。寝に入ったのでした。

 いろいろ考えさせられる1日だった。そして・・今はすでに翌日の昼。。。
うわー、本当に超ダラダラ日記だ(苦笑)

 

※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。