オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬とも離れ、終活に悩む男の日々

家電リサイクル品処分やってみた

 マイルとポイントを吐き出して、自分初のGoToトラベルを予約したとたん・・官邸が運用の見直し着手。3連休で近場の旅をキャンセルした国民も多い中、12月とは言え旅してる場合かと、早くも悩み始めてしまった・・。

 

エアコン処分の話

 都会の戸建てから下町マンションまで、1台だけエアコンを持ってきた。実は下町マンションの個室にはエアコンが無く、近年猛暑になる夏を考えて移設しようと企んだのだ。しかし、下町に運ばれたエアコンを見て、僕は取り付けを止めた。庭に設置していた室外機を良く見ると、なぜかファンの中を竹のような草が何本も貫通していた。よくぞ今年も働いていたものだと驚いたほどに。電気屋にメンテ頼むかと一瞬よぎったけど・・10年モノのためお先も短いと思い、断念したのだ。

 これはメインの引越しの最中に判断したので、彼らに引き取り処分を聞いてみた。そうしたサービスは無いと言う。そこで、取り付けにくる予定だった電気屋にも相談。何と!その電気屋でさえNGだと。えええ?驚いている僕に、彼らは「巡回している廃品回収屋なら無料で持って行きますよ」と言う。仕方なく、それが近所にやってくるのを待つことにしたが・・

 4〜5日経っても、廃品回収屋というのが現れなかった。以前から「〜こちらは、廃品回収車です〜」と騒音を発しながらノロノロ走る軽トラを迷惑がっていた僕だが、いざ必要となると中々現れないものである。。。

自治体での処分

 くらしのマーケットによる廃品回収のプロに頼むかとも思ったけど、エアコン1台のためだけってモッタイナイ気がして・・自治体系で処分できないか調べてみることにした。いわゆる有償粗大ゴミだ。エアコンが家電リサイクル法対象品なのは分かっていたが、では処分の手段はどうなっているのだろう。

 調べてみると、リサイクル券という形の処分費支払いを行った上で、指定処分場に配送をかければ良いということが分かった。下町発となるエアコンの場合、リサイクル料金990円と斡旋先運搬費が3,300円の、計4,290円だった。まぁ廃品回収のプロを手配するよりは安い。何でも経験してみようと思う僕は、この方法を選択することにした。

f:id:im_kurosuke:20201121072957j:plain

収集運搬料金はエアコン本体と室外機セットでの値段です(良)

持ち込み処分に変更

 下町自治体が指定する配送会社へのエアコン回収をホームページで予約し、リサイクル券をもらうための処分費は郵便局で行う。僅か990円を支払うだけだったが、郵便局ではお目にかかったことのない仰々しい伝票が使われた。役所の仕事だなぁと思いながら、アレコレ記入後に支払いをし、リサイクル券という体となった伝票控えをもらった。

f:id:im_kurosuke:20201121083554j:plain

説明箇所を含めて8ページにもなる家電リサイクル券の一部

 ふと、エアコンはどこへ回収されるのだろうと思った。調べると、下町地区からなら葛西のトラックターミナルに運ばれることが分かった。我がマンションからさほど遠くもない。もしかして自分でも持ち込めるのだろうか?思い立ったら止められない。時折使うカーシェアの料金と運搬費を比べる。当然ながら自身で動いた方が安いハズ。配送会社をキャンセルし、カーシェアで荷台の大きい車を予約した。

運搬車は、カーシェア利用

 マイカーを処分してから、僕は定期的にタイムズを使っている。僕独りの暮らしにおいて、どうしても車が最も便利という瞬間が消えないからだ。国内旅先での移動、大きな荷物の買い物など。しかし、それってせいぜい月に1〜2度あるかないか。僕にとってマイカーがいかに無駄な贅沢品であったかが分かったから、当分所有することはないだろう。

 トラックターミナルの窓口へ電話し、エアコンの持ち込み処分を伝える。詳しい場所と最適な時間帯を聞き、いざ向かう。環状道路をただただ東京湾に向かって走るたいくつなドライブだったが、気づけば大型トラックだらけの中だった。

f:id:im_kurosuke:20201121073030j:plain

下町発の処分家電は葛西のターミナルで回収される


 ターミナル内の指定場所には、持ち込み処分にやって来た普通乗用車が数台止まっていて、他にも手弁当している人がいることも分かった。駐車スペースの奥には山のようにエアコンや冷蔵庫らが置かれている。ちなみに処分場は毎日受付られているから、その様子がほんの1日分でしかないことを悟る。きっとまだ動くであろう家電品が、毎日大量に廃棄されているのだ。贅沢に麻痺した先進国の一面を垣間見ることができた。

無事、処分完了

 持ち込んだエアコンを指定場所へ下ろし、リサイクル券の控えを受け取った。ようやく作業完了。下町マンションの玄関横に長らく置かれていたエアコンが無くなり、僕の気分もスッキリ。社会科見学のごとくリサイクル家電処分の過程も知れたし、体験して良かったなとも思う。

 そう、処分の経費も相応に抑えることが出来た。無収入の僕には、これが一番のメリットか?
 ・処分のプロへの委託 10,000円 ※リサイクル料徴収は無し
 ・指定会社回収の場合 リサイクル券990円+配送料3,300円=4,290円
 ・自分で処分した今回 リサイクル券990円+カーシェア880円=1,870円
 人件費を加算しなければ、圧倒的に安い(笑)

f:id:im_kurosuke:20201121072831p:plain

カーシェアでは、毎回給油して割引を受けてます♪


 エアコンが片付いたので、処分しなければならない残りは、引っ越しに生じた大量の段ボールだけとなった(嬉)

 

 

※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。