オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬とも離れ、終活に悩む男の日々

冷蔵庫の中身処分キャンペーン

今日も引越し日記の続き(苦笑)

驚愕!10年前のmy冷蔵庫

 不動産仲介業の誰もから、10年前の冷蔵庫なんて買い換えるべき!と言われ続けた。そして去年、下町マンション用に小さな冷蔵庫を買った。それを使い始めて数時間の感想。使えね〜!!であった。家電量販店の薦めに応じて買った137L冷蔵庫は、満足に食材を格納するスペースを持っていなかった。

f:id:im_kurosuke:20201102144949j:plain

小さすぎた独身者向け冷蔵庫

ということで、長期保管の後に処分(苦笑)

 今回の下町では最低でも300L以上の冷蔵庫を調達しようと思いつつ、世の情報を見ているうちに気づく。我が戸建で10年活躍中の大型冷蔵庫君の省エネ性能。なんと290kWh/年と、137Lをしのぐスペック。最新の同クラス冷蔵庫とは比べ物にならない秀才くん。

f:id:im_kurosuke:20201102145140j:plain

10年選手、感動のスペック

 最新製品ほど多機能での電力喰いと言うことなのか、、、とにかく10年冷蔵庫を手放す理由が見当たらなくなった。 そこで、下町アパートにも10年冷蔵庫を持ち込むことにしたのは、既報の通り。

冷蔵庫の引越しに備えて

 10年冷蔵庫を2Fから下ろすのと、下町へ運び込むのは別日程。なるべく安くしようとしたら、下ろす業者と運ぶ業者が異なってしまった。そんな事情もあり、下ろしてから電源投入するまで4〜5日の空白が生まれた。冷蔵必須の食材は耐えしのげるはずがない。

 仕方なく、作業日までに冷蔵庫の中身を処分なければならなくなった。そう。食べるか、捨てるか、だ。フードロス解決施策を役所へ提案した立場の僕なので、捨てるという選択肢は無い。となれば、食べるしかない。(笑)

 我が冷蔵庫の中身、特に冷凍室と睨めっこ。自分だけでは食べきれない量だと判断し、急遽近所の後輩を呼ぶことに。「料理してやるから食べに来い」である。決してごちそうを振舞ってやりたいわけじゃないが・・・仕方がない(苦笑)

小さなキッチンパーティ

 夕食の時間までには家族の元に帰りたいという後輩が昼過ぎにやってきた。手ぶらで来いと言ってあったのに、引っ越し準備に必要でしょ?とゴミ袋やら除菌剤やらをたくさん買ってきてくれた。まぁ有難い(苦笑)

 独りで家具を動かして冷蔵庫をヒットさせたなど、これまでの経緯を話しつつ、ほんの少しだけレイアウト修正を手伝ってもらう。独りでは諦めていたことが、後輩の手を借りただけで、一瞬のうちに終わった。手数というのは偉大だ。あらため・・元嫁さえ居てくれれば、と思えた。(まだ言ってる)

f:id:im_kurosuke:20201102153644j:plain

上下バラして並べ置いた

f:id:im_kurosuke:20201102153531j:plain

後輩の手を借りたら・・・一瞬で片付いた(苦笑)

 ほんの一瞬、家具動かししてもらったのみで、たわいもない話をしながらの小さな宴が始まる。とりあえず冷蔵室にある食材から手をつけ、次第に冷凍室の食材調理へ。常に野菜を付け合わせたコロッケ、しゅうまい、唐揚げ、焼き豚、やっこ、味付け卵。間にカレーライスを挟み、その後もナスピーマン焼きや豚バラ炒めなどを即興料理。後輩はビール、僕はバーボンをグビグビ飲みながら。しっかし後輩は良く食べ良く飲む。どれをも綺麗に平らげるから大したものだ。そんな彼の食欲に追われるように、僕は厨房に立ち続けた(苦笑)

気づいて驚く(苦笑)

 呼び出しをかけたその日のうちの後輩からの返信。たしかに家族と夕食をとりたいので夕方までには帰ります、と言っていた。んがしかし、僕が作る料理を食べ続けてるため、本当に帰宅してから家族と夕食を囲むのか疑わしい。彼が飲んだ缶ビールは10数本だろうか?平らげてくれた料理だって、居酒屋で考えれば10品以上だ。おかげで冷蔵庫の中身をかなり減らすことができたけど。

 ふと後輩が腕時計に目をやる。
あーもうこんな時間ですね!と後輩。気づけば13時過ぎから始めた小さな宴は、
10時間以上が経過していた(爆)
実に11時間飲み食いしていたことになる。僕はそこそこの割合で厨房に立っていたが、後輩はほぼ座り続けて飲み食いしていた。よくもまぁ太らないものである。

 お土産も兼ね、今後も僕だけでは消費しないであろう日持ちしそうな食材やジュース類を手提げ袋に詰めて持たせ、お開きとなった。
ふと我に帰ると、自分も立派に二日酔い状態になっていた。明日も宴だと言うのに。。。

 

 

※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。