オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬も奪われ、終活に悩む男の日々

決意したら大変だった

やはり引越そう

 多摩川を眺める我が3LDK+Sは愛犬や家族と住むには良かったが、やはり独り身には・・寂しかった(笑)ご町内どこもがお子さんを含めたご家族で住んでいらっしゃる中、生き辛い。ましてや、これから冬が来る。

f:id:im_kurosuke:20201024204543j:plain

この景色の向こうには素晴らしかった人生の思い出だけが透ける

 昨年仮住まいした都内下町は、住民にモラル足りず、流行りのチェーン店や空港へも遠いなど決して快適とは言い難いが、ベタにじゃれあえる飲み屋の暖かさもある。30年超住んだ街に、愛犬や家族同様、お別れをしようと思う。

 

引っ越しの段取り

 昨年春、三行半を喰らい、そんな元嫁さんとの同居が辛くて即家を出た。そして今年の春、元嫁さんがいなくなったことから帰ってきた。さらに今回と、昨年から数えて3度目の引越しだ(苦笑)しかし、これまでとは手配そのものの質が随分異なった。

 自宅を売却または貸し出しするために、まっさらにする必要があったのだ。それは、販売を委託した仲介業者からの要請。とにかく誰かが即入居できるように、一切の家具を残さないでほしいらしい。注文住宅ならではのバッチリ合わせたリビングボードなども不要だそうだ。吹き抜けがあるからと泣きながら買った40畳スペックのエアコンも10年目なので不要。特注の窓ガラスに合わせたカーテンなんぞは綺麗だし新規で買ったら高いのに・・これも処分してくださいと。まさかの照明器具まで一切不要と言われたのには驚いた。内見用に残しておけば便利なのに、と思ったが、、電気契約を止めてしまうんだったか。納得・・。

 そう。今までは何を残しておこうが僕の自由だった。今回は、もしかしたら即他人の手に渡す可能性がある。僕がどれだけ立派に思おうが、建って10年目の中古住宅。ハイハイ、できるだけ新築風に「無の状態」にしますよ、すれば良いんでしょ?
とは言え、不要と言われた家財の数々は僕の手に余る(汗)

 

選択を迫られる

 仲介業者はいとも簡単に「不要です」と言ったが、僕には思入れのある品々だ。元嫁さんと選んだモノ、元嫁さんが喜ぶだろうと手配したもの、元嫁さんのために買ったもの。を!元嫁さんのためばかりだ(苦笑)元嫁さんどうのでなくても、捨てるにゃ惜しい(僕にとっては)高級な家具が多い。どうにもこうにも捨てられない。

f:id:im_kurosuke:20201024205739j:plain

この何年か僕の決断は悲しいことばかり(苦笑)

 というわけで、多少移転先が狭苦しくなるが、できるだけ捨てずに持って行こうとそう思っていた。家具を測り、図面に落とし、マンションに行ってサイズ感を貼り出してみる。場所によっては家具と家具の間をすり抜けるようになるが、まぁいいかと。ちょっとは我慢の暮らしをする覚悟を持ってみた。

 だけど・・・僕の気分とは裏腹に、様々な問題が待ち受けていた。とにかく引っ越し代が高い。何度もお世話になった引越し業者の見積もりは、これまでに比較して5倍以上。ならばと仲介業者が紹介してきた大手に聞けば、何と7倍。僕の目分量では前回の倍ほどの荷物なのに・・・理由は「一つ一つが大きく、多くの人力を必要とするため」だった。確かに・・・縦も横も2mあるような家具は男手二人でも危ないだろう。でも僕なら後輩と運べるけど、とも思えた。彼らは受注業務だから、少しでも傷はつけられないと判断する故、手数や費用に影響してしまうのだろうな。。

 最も悩ませてくれたのは冷蔵庫だった。省エネ性能が増すと同時に肥大化する冷蔵庫。我が家のものも10年前では先端の部類で重さは100kgの600Lサイズ。購入した時も階段から上がらず、ユニック車がやってきてバルコニーから上げ入れた。この時は追加作業費4万円だったか。そして今回・・・戸建から下ろすだけならまだしも、下町マンションに入れるにもやはりユニック車だと判断された。その作業費を聞いただけで、最新冷蔵庫並みに凍る思いがした。。

f:id:im_kurosuke:20201024210708j:plain

今回、ユニック車で吊り下げて廃棄してもらう見積り8万円+税(驚)

 世の中、省エネ省エネというけれど、果たして何ら壊れてない家電を買い替えるのが省エネなのだろうか?そりゃ年間を通じた電気代はチョコっとお得になるだろう。だけどね、廃棄したり新製品を増産させたりって、結果的にエコじゃないようにも思える。10年経過したら反エコだとかって、売りたいメーカー側の都合だけなんじゃないの?

 

涙の・・・断捨離

 胃を痛めるかのごとく、久しぶりに真剣に取り組んだ。お世話になった家具をどうするか、家族のために買ったエアコンや冷蔵庫は?処分費用、引っ越し費用、そして新たな調達費用。なかなか辛い決断。

 家具は・・・処分。思い出を振り払い、新たに船出するためだ。冷蔵庫は・・・こちらも処分・・。今後も何度引越しするか分からないが、その都度ユニック車だ何だって悩ませられるのは懲り懲りだ。ここは清く?散々な処理費を払って決別しよう(号泣)

 

交渉?ゆすり?泣きつき?

 断捨離の英断を根拠に、次なる手に打って出る。運搬物をうんと減らしたから引っ越し代は安くして!!とゴネゴネやる。あちらこちらへ保持を諦めた家具や冷蔵庫を買い取れないかと聞いて回る。詳しくは恥ずかしくて書けないが、僕なりのテクニックで泣き落としも使った(笑)
引越し屋のおねーさんとは、これでもか!と対話の回数を重ね、当初見積の半額にまで口説き落とした(照)

 冷蔵庫をバルコニーから下ろして廃棄する業者は、ユニック車と人力を競合させた。もー、ほとんど建築会社の人に「ちょっとアルバイトしない?」と持ちかけるようなレベルだ。最終的には人力が勝り、こちらも有名どころの半額くらいに抑えることができそうだ。

 いずれも見積の段階で、実行したらどれだけ割増になるかは不明だが、、基本料金が明確になっただけでも安心感がある。あれこれ安く抑えたことで、なんとか冷蔵庫新調費用を調達できるハズだ。たぶん、フツーはココまでやらないだろう(苦笑)

f:id:im_kurosuke:20201024220120j:plain

Xデーまでにやること

 引っ越し日に向けて荷造り梱包は手慣れたもんだ。気がかりなのは、、バカデカい冷蔵庫にうんと収納している多くの食材。冷蔵庫廃棄予定日と引っ越し予定日には数日の空白が生じた。これも、究極の価格交渉をしたが故だ。そのため、一定期間冷蔵庫が使えない状況になる。となれば、、、保存食は消費するしかない(笑)

 ちょっと自信はないが、スーパーなどでの食材調達は空腹で死にかけるまで中止。とにかく在庫を食べる。運搬に適さない飲料は飲みきる。自分だけでは心もとない。仕方ない。何人か後輩を呼びつけ、宴でもやるか。。。トホホ

あとがき:また振り出し?

 すっかり冷蔵庫を新調しようと、身の丈にあった小ぶりな冷蔵庫の性能や価格を調べはじめたら・・・我が家の冷蔵庫が現代でも十分な競争力となる驚愕の省エネくんだと知ってしまった。容量半分くらいの最新冷蔵庫は・・新機能のせいか省エネ性能は劣る。。。

f:id:im_kurosuke:20201024202106j:plain

何でこーなるの?


 ここまで書いておいて・・・やはりこの冷蔵庫、手放せない?(泣)

 

※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。