オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬とも離れ、終活に悩む男の日々

乗り過ごしそうなGoToシリーズ

踏み出せない

 何がって、GoToとかふるさと納税とか。
そもそも詳しい友達は少ないし、彼らと中々会えないこともあるが、ここ数ヶ月の僕は極めて雑談する機会を持たない人だ。そのため、自身で気合いを入れない限り、GoToシリーズとかの理解や活用にとてもうとい。

 この性格や状況って昔からだ。飛行機のマイレージなんて使い出したのは40歳すぎてからだったし、、今日までにふるさと納税ですら一度もやったことがない。小さい処を見れば、同世代の連中はスマートフォンをタダ同然でちょくちょく買い換えていた。実質ゼロ円とか、あの手の携帯屋セールスの隙をついた手法を知っていたからだろう。彼らはそれなりに得をし、僕はそうした恩恵は一切受けてないということ、だ(苦笑)

f:id:im_kurosuke:20201025072742j:plain

GOTOトラベルくらい使ってみる・・・か?

 思い出した。僕が住む自治体はGoToに似た経済活性化施策として、地元応援券みたいなものを販売していた。2割だか3割だかが上積みされる地域限定の商品券。病院内の掲示板で知ったのだけど、へーそんなのあるんだ?と思った時にはすでに販売期間が終わっていたっけ。

 ご近所のご老人や奥様らが入手してお得な暮らしに役立ててたのすら知らず、、って、なんかすごく損してきたのかな?(苦笑)

向き合えないと損をする?

 GoToイートというキャンペーンは一部地域で政府予算の上限に達し、打ち切られたとの記事を見た。ネットを使えないお年寄りは申し込む機会すら与えられなかったと記者が苦言を呈していた。それって、、、僕と一緒だ(笑)

 仕組みとかネット操作とかにうといと、検討すら始まらない。世の中、何かと「詳しくはウェブで」とか「ツイッターに」とかいうセリフが踊る。僕はどちらかと言えば胡散臭さが漂うその手の世界を嫌うので、当然正確な情報も入手することができない。従って、チャンスという船に乗り遅れて当たり前なのだ。ウン、GoToの記事に出てくるご老人たちと一緒。

使いこなせているのは?

 GoToイートを筆頭に、仕組みの隙間を縫って倍のお得感を確保したり、詐欺に使ったり、悪い奴らはネットの使い方に長けている。オレオレ詐欺の個人情報だって財産情報だって、おそらくネットからいとも簡単に引き出しているのだろう。ネットにうとい善良な人々?、いや理解への努力が足りない人々は、被害リスクに直面してたって気づかない。きっと僕もだ(苦笑)

 ネットにうとい、という面では政府も同じだ。多少採用されているとの噂もあるけど、管理監督側の大多数は未だ文系出身者が中心だし、本物のプログラミングできる人材なんて噂すらなかった。もし、IT技術を正しく理解し使っている人物がいたとするならば、その方の大半は専門機関からの出向者であろう。

 政府がマイナンバーカードに免許証機能を持たせるとか、保険証や銀行カードと統合するとか、中国のような顔認証のネットワークを全国に張り巡らせるとか、どれを聞いてもトラブルのが目に見えてしまうので笑ってしまう。外部の専門家が言うことを信じて疑わず、利点ばかりの夢しか見てない。

何をするにも今年度中

 さて、GoToなんとかを利用するなら、とにかく政府予算が枯渇しないうちで、かつ年度内利用が条件だ。おそらく、話題になっているうちに使い切るだろうから、参加するのも今のうち。僕ら一般国民として使えるのはGoToトラベルとGoToイートの2種、か。

 あれ?似たような期限に迫られていたけど何だっけ?と振り返ると・・・JALマイレージやらポイントも年度内期限のがあった。5万マイルに3万ポイント・・・だ。コロナ禍でなければ、海外旅行経費への大いな支援になったハズなのに・・・これもすぐさまの使い道が思い浮かばない。。。仕方なくGoToトラベルに使うか、な。

f:id:im_kurosuke:20201025073121j:plain

JALさん、コロナ禍なんだから期限延長してくれんかね?

相談して、検討しよう(苦笑)

 運良く、今週末は立て続けに友人やら後輩やらと会食だ。いずれも普通に?ふるさと納税やGoToに詳しいハズの方々。ちょっと強引かもしれないが話題を振って・・せめてGoToトラベルくらいは僕も利用しなきゃ。あ、その前に・・・いつもの居酒屋もGoToイートで予約する方がお得なのでは。誰もそんなん言い出さないけど。あれ?

 う〜ん、、やはり難しい(苦笑)

 

 

※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。