オッサン再起動中(まだ?)

離婚、離職、溺愛してた愛犬とも離れ、終活に悩む男の日々

耐えられるか?ジリジリ攻撃

台風迫る雨の中、先日「夜のパン屋さん」というニュースを見てて思いついたCSR的な計画案を、地元役所の職員に話し=
提案しに行ってきた。

ま・さ・か・の、
僕の応対してくれるハズだった職員が不在で、代理の方相手ということになったが、現役職員と元なんちゃって役人の僕の会話は結構弾み
まぁ楽しいひと時を過ごさせてもらった。

f:id:im_kurosuke:20201009221551j:plain

自治体で少し年下と思われる代理女性は結構本音で向き合ってくれた(笑)


話し相手欲しさに誰彼かまわず声をかける老人らの気持ちが、、、
けっこう分かった(笑)

 

どんどん持ちかけてください!という反応に気を良くし(笑)この流れも続けていこうとハリキリ、次のアクションを起こそうと志したのだったが・・・集中できなくなった。

 

その理由。
昨夜も今日も、、おそらく明日も、我が家を指値で買いたいという老夫婦の攻撃に遭っているからだ(涙)

以前に書いた通り、とんでもない指値で攻めてきた老夫婦はピシャッとお断りしたハズだった。にも関わらず、仲介役の不動産会社を通じて、連日これでどーだ!とばかりに、ジリジリと買値を上げてくる。その都度、僕はあれやこれを頭痛が始まるほどに考え抜き、再びピシャリとやるのだが・・・あまりにも小刻みに続くもんだから、さすがに疲れてきた。

地元の役所職員が僕の話に耳を貸したというのに、、、プレゼンテーションした僕は実は疲れ切っていて、たぶん60%くらいのパフォーマンスだったんじゃなかろうか。前職の仕事だったら、60%の状態でプレゼンするなんて、とんでもなく恥ずかしい話だ。
そんなこともあり、既に我が家を買いたがっている老夫婦を憎み恨むほどになっていた(苦笑)

 

と同時に・・「我が家を売る」という取り組みにまで疲れてきている。瞬間シュンカンに「もう、どーでもいいかぁ」と投げやりになりかける自分がいる。もしかしたら、僕を疲れさせて落とそうとでも考えているのだろうか。これを書いている今も、どーもキーボードを打つ指まで重い。

 

それでも。何かにつけて段取りは欠かさない自分。
もし本当に売ることになったらと想定し、あれこれ調べ始め・・・戸建売却未経験の僕が知らなかった事実が次々と発覚し、さらに驚き疲れるという負のスパイラルに陥ったかのようだ。

例えば、我が家に4基あるエアコン売却にあたっては、そのままにしておけば入居者も喜ぶだろうと思っていた。しかし、この世界のルールは冷たく厳しい。
「すべて売主さんの責任において撤去してもらうことが原則です」
今や毎日会話する希少な話し相手(笑)の仲介役による発言が続く。
「だいたい一台あたりの撤去・廃棄費って1.5〜2万円くらいです」

はぁ。エアコン廃棄だけで5〜6万飛んでくジャン。こんなことが次から次へと発覚する。もう、ほとほと精神的には参ってしまった。そう、、疲労の蓄積状態だ(涙)

それでも、ただでは転びたくない性分。近隣で無償引き取り廃棄をうたう業者数社に連絡し、交渉。しかし、、ここでも新たな事実が発覚。
5年以上経過したエアコンは対象外、と。

えっえ〜!リビング用のなんか30畳以上用ってんで50万円近く出したのに、それもダメ〜?
何ということでしょう。5年以上のエアコンはどんなに高性能でも価値が無いとは。。。と、更に脱力感の拍車がかかる。

f:id:im_kurosuke:20201010071002j:plain

エアコンだけで120万くらい払ったの元嫁さん知らんだろうなぁ・・

 

ふざけるな!と思った老夫婦による我が家への指値。今でも僕の気持ちは変わらないはずなのに・・・様々な疲労が積み重なり
「もう、どうでもイイかも」と思い始めている。

 

ダメージ受けている自分を俯瞰しながら思う。
そーいえば、こういったジワジワいたぶる交渉術もあるんだったな・・・。

 


やっぱり負けそう。。。

 

 

※ここで示している内容は、私個人が自由勝手に考えたイチ意見でしかないことをご了承ください

Copyright ©︎2020 im_kurosuke. All rights reserved.
このブログ上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。